トップページ>国際法務>帰化申請

帰化申請について

例えば、こんな場合

○ 日本人と結婚して5年、子どものことも考えて日本国籍をとりたいのですが。
○ 外国人の私が日本国籍をとったら、母国との関係はどうなるのでしょうか。
○ 帰化の手続きは難しいと聞きますが、どんな手続きが必要なのですか。

問題

外国人が日本国籍をとる手続きを「帰化」といいます。帰化は、日本人になるための手続きなので、入国管理局ではなく法務局で行います。もちろん日本語による手続きとなります。

帰化の手続きはかなり要件も厳しくなっています。原則として、引き続き5年以上日本に住所を有すること(居住条件)のほか、素行が善良であること(素行条件)、生計を営むことができること(生計条件)などがあります。これらの条件をクリアしていることを証明するため、帰化許可申請書や動機書、履歴書、宣誓書のほかに、生計の概要を記載した書面、在勤及び給与証明書、納税証明書なども必要です。

また、帰化により日本国籍を取得した後のことも十分考慮ください。まず、重国籍を防止するため、母国の国籍は喪失してしまいます。それによって母国にとっては外国人となるため、土地所有が認められない、社会保険が受け取れない等の事態が生じえます。母国の法律も十分調査の上で、適切な処置が必要です。

解決

帰化手続きは、国籍法によって厳しい要件が課せられており、多くの書面を提出することが求められる場合があります。また、日本・母国両国の法律をよく知った上で、日本国籍取得後に必要な手続きも考慮しておく必要があります。

日本の法律と行政手続の専門家である行政書士は、日本国籍取得を望む外国人の方が、ベストな方法で、適切かつスピーディーに手続きを進めることができるようサポートいたします。

報酬額

○ 帰化申請手続    200,000円〜
○ 調査・事後手続    50,000円〜

お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ

行政書士
 川添国際法務事務所
〒573-1192
 大阪府枚方市西禁野
     1丁目1-25-401

TEL:072-805-3331
FAX:072-805-3334
平日9:00〜19:00 
(土日祝夜間・応相談)
相談料:6,000円/時間
(初回、メールは無料)